脱毛して失敗した話

脱毛して失敗した話

ワキ脱毛したその後の出来事

 

最近では、エステや脱毛が気軽に体験でき、男性や子供までその門戸は広がっています。
 わたし自身も日々のセルフケアを面倒に思っていたところ、友人の勧めと、ワキ脱毛が2000円で10年保障までしてくれるキャンペーン期間中だったこともあり、念願の脱毛を行うことにしました。
 わたしが脱毛に抱いていた「時間がかかる」「高額」「肌に負担がかかる」というイメージは、いずれも打ち砕かれ、「簡単」「リーズナブル」「肌に優しい」といいことづくめのように思えました。
 しかし何回か通ってから、わたしのワキに異変が生じます。ワキ汗が今までとは比べ物にならないほど出てくるのです。
 友人に聞いてみたら、友人もワキ汗に悩まされているとのこと。慌ててネットで検索してみたら、同じような人が多く存在しました。
 そんなことはサロンでも説明されてない!と思ったところで、あとの祭りです。だって、出てくるんですもの。ワキ汗。
 一説によると、わき毛は汗腺から出てくる汗を吸い取って、うまく蒸発させるように働いているようです。つまり、汗を蒸発させるわき毛がなくなったら、汗がダイレクトに滴ってき始めたということ。
 セルフケアしている頃はいらないものだとばかり思っていたわき毛ですが、なくなってからそのありがたみに気づきました。
 簡単に手を出しやすくなってきた脱毛ですが、そのリスクは意外と知られていないように思います。脱毛を考えているなら、そのメリット・デメリットをきちんと調べてから、納得したうえで行うことを強く勧めます。

 

永久脱毛について

 

私は比較的体毛が濃い方なので、思春期の頃はとても気になりました。
中学生くらいから、お風呂で手足の毛を剃っていた記憶があります。

 

就職しても仕事の制服が半そでだったため、いつも腕の毛を気にしていました。
腕は足と違って至近距離で見ることも多いので、下手に剃ってしまって生え始めを見られるのも嫌だし・・・と。
永久脱毛にとても興味はありましたが、当時はまださほど普及してる感もなく、値段も相当高かったので「自分には縁がない」と思っていました。

 

結婚して子供もでき、自分のことはもうどうこうしようと思いません。
ですが、子供は私よりも体毛が濃い感じです。
今はまだ小さいので気にしませんが、思春期になったらやはり悩むことになりそうです。
同じ思いをさせたくないという気持ちはありますので、相談されたら永久脱毛をさせてもいいかな・・・と思っています。

 

昔は、永久脱毛=エステ=超高額=その後の勧誘もすごい、と言ったイメージでした。
でも今はもっとカジュアルな感じになったようで、そこまで高額でもないようですし、勧誘をしないところもあると聞きました。
自分の若い頃から今までの10数年でここまで変わったので、さらに10数年経てばまた違うのでしょう。
もっと気軽に、当たり前に施術が受けられるようになっていればいいなと思います。